ボルダリングのテクニック ムーブで課題を攻略

いきなりですが、ボルダリングをやっていて登り方がわからなかったことってありませんか?

 

登っている最中に次の一手がでないとか、次のホールドをとれるわけがないと思ったこと・・・

ホールドが足りないんじゃないか?と思って困っていたら他の人がスイスイと登ってしまったこと・・・

 

初心者のうちはこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか?

運動神経に自信のある人は、もっと筋トレして力をつけないとダメだ!

なんて思った人もいると思います。

 

ボルダリングは力だけで登るのではなく、うまく体を使いながら登るのです。

 

ボルダリングには、ムーブとよばれるテクニックがたくさんあります。

今回は、自分の頭の中にないムーブやテクニックがないかチェックしていきましょう。

初心者の方だけではなく中級者の人でも、もしかしたら知らないムーブがあるかもしれません。

 

ムーブを知ることによって、バランスの取り方や体の支え方などがわかるようになります。

ムーブは知っているのと知らないのではかなりのハンデになってしまいます。

もちろん、そのようなテクニックを覚えなくても自然と登れてしまう人もいます。

ですが、こちらの記事を読み始めていただけているということは、ボルダリングのテクニックやムーブについて気になっているのではないでしょうか。

 

覚えたからといって実践でいきなり体が思うように動くかは別問題ですが、ムーブを覚えて実践で使えるように何度も繰り返し練習してみてください。

スポンサーリンク

ボルダリングのテクニックやムーブを見る前に

ボルダリングのテクニックやムーブを見ていく前に基本ができているかここでチェックしておきましょう。

 

腕や足の使い方は間違っていないか?

基本的に腕は伸ばして、足はつま先でホールドにのります。

 

そして、足や体の位置は大丈夫か?

基本は持っているホールドの真下に体があり、この体の重心を支えられる位置に足があるはずです。

 

これらの基本ができていない場合は、ムーブを覚える前に再度チェックしておきましょう。

それでは、ここからボルダリングのテクニック「ムーブ」を見ていきましょう。

正対ムーブ

正対ムーブ

ボルダリングの基本的なムーブのひとつです。

 

ハシゴを登るようにまっすぐ壁のほうを向いて手足を出して登っていきます。

右足をあげたら右足に体重をのせて右手をとりにいく、左足をあげたら左足に体重をのせて左手をとりにいくと繰り返します。

ダイアゴナルムーブ

ダイアゴナルムーブ

ダイアゴナルムーブとは側対ムーブのことで、体を横に振りながら登る登り方です。

初心者の方が一番初めに覚えたいテクニックです。

 

ダイアゴナルムーブを覚えると傾斜も簡単に登れるようになりますよ。

コツは右手で次のホールドを取りに行きたいときは、右足を左足の真下くらいにおき右足で踏ん張ってホールドを取りに行きます。

フラッキング

フラッキングはホールドにのっていない足を使ってバランスをとるムーブです。

 

ホールドにのっていない足をホールドにのっている足とクロスさせるように外側にふって体を安定させます。

フラッキングにはインサイドフラッキングとアウトサイドフラッキングの2種類あります。

 

インサイドフラッキングはホールドにのっている足の前からホールドにのっていない足を外側に出します。

ダイアゴナルのような動きになります。

 

アウトサイドフラッキングはホールドにのっている足の後ろからホールドにのっていない足をクロスさせるように外側にふって体を安定させます。

使うことが多いムーブなので覚えておきましょう。

 

フラッキングを覚えると足の入れ替えを最小限に抑えることができます。

キョン(ドロップニー)

左上にあるホールドをとりにいくときに、ホールドにのっている左足を内側にひねり体を安定させるムーブです。

 

ただ足を内側にうひねるだけではなく、腰からひねり体を壁に近づけます。

左足を内側にひねる場合は、右側の腰が壁に近かった体勢から左の腰が壁に近くなります。

この時、左足と右足のホールドの間に体があり足をつっぱって支えている状態になります。

 

体が安定したら左手を伸ばして左上のホールドをとりにいきましょう。

手に足

手で保持しているホールドと同じホールドに足をのせて体を上に持ち上げるムーブです。

 

手に足は手で持っているホールドに足をのせるだけの時もあれば、ヒールフックなどと組み合わせて使う場合もあります。

よく使うムーブなので、練習しておきましょう。

ヒールフック

ヒールフックは、かかとを使って体を安定させるムーブです。

 

かかとをホールドに引っ掛けたときに、つま先を下に向けると安定してかかとが引っ掛かります。

膝はしっかりと曲げ、かかとを体の方に引き付けましょう。

トゥフック

トゥフックとは足のつま先をホールドにひっかけて体を安定させるムーブです。

 

コツは足の親指の付け根辺りでホールドに引っ掛けて、ホールドを持っている腕で体を引き付けるとつま先が安定して引っかかります。

クロスムーブ

クロスムーブ
クロスムーブとは手を交差して、外側のホールドをとりにいくことです。

 

例えば、体の左側にあるホールドを右手でとりにいくときに使います。

手をマッチすればとりにいくことができますが、ホールドが小さかったりするとクロスムーブを使わなければいけないときがあります。

そのような時に使いましょう。

 

マッチという言葉が出てきましたので、マッチと送りについて簡単に紹介しておきます。

マッチ

マッチ

マッチとはムーブというよりは持ち方として捉えた方がいいでしょう。

 

両手でホールドを持つことをマッチと言います。

おくり

おくり

おくりとは、その名のとおり手をおくることです。

 

例えば、画像のように左手でホールドを取って次のホールドもそのまま左手でとりにいくことを言います。

同じ手を連続して出すことをおくりと言います。

 

バランスなどの関係からいっきにホールドをとりにいくことができない時に途中のホールドを経由してとりにいきます。

デッドポイント

デッドポイント1 デッドポイント2
勢いをつけて体を伸びきってホールドをとりにいくムーブです。

 

次のホールドを取り損ねたら落ちてしまうことから『デッドポイント』と呼ばれています。

次のホールドまでの距離があるときなどによく使います。

中級くらいから出てくるムーブになります。

レイバック

レイバック
レイバックとは、ホールドのサイドを持ちながら足を壁やホールドに突っ張って登っていくムーブになります。

 

カンテを使った課題でよく使われるムーブです。

このムーブも中級くらいから出てきます。

ランジ(ダイノ)

ランジ(ダイノ)

片手でジャンプしてホールドをとりにいくムーブをランジと言います。

別名『ダイノ』とも呼びます。

 

ランジの仕方は、右手で飛びつきたいときは右足で踏み込みます。

逆に左手で飛びつきたいときは左足で踏み込みます。

コツは壁に沿って飛ぶことです。

 

よくやりがちなミスは、壁にホールドが付いているため避けようとして後ろに飛んでしまうことです。

後ろに飛んでしまうと飛びつきたいホールドからも離れてしまい手が届かなくなってしまいます。

 

両手で飛びつくことをダブルダイノと言います。

サイファー

サイファー

サイファーも飛びつくムーブですが、サイファーはランジと違い振り子の原理を利用して飛びつきます。

 

ホールドにのっていない足を振り子のようにふって、その勢いを利用してジャンプします。

勢いがついたことにより、より高い位置にあるホールドを取ることが出来ます。

フィギュア4

フィギュア4

フィギュア4はあまり使う機会がないムーブです。

 

結構アクロバティックなムーブなので、初心者の前で使えばヒーローになれるかもしれません(笑)

使う場所としては、手が持てて足を乗せるホールドがないときに使えます。

自分の手をホールドのかわりにして足をかけます。

 

例えば、右手で次のホールドを取りに行きたいときは左腕に右足を内側からひっかけます。

その状態で体を起こしてホールドをとりにいきます。

ニーバー

ニーバーは、ホールドとホールドの間に膝と足を挟んで体を安定させるムーブです。

 

コツは膝と足をはさんだらつま先を伸ばして膝を押し上げます。

とても体が安定しますが、ニーバーができる間隔のホールドがあまりないのでこちらも滅多に使うことはありません。

まとめ

ボルダリングのテクニック「ムーブ」をいくつか紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

知らなかったムーブはなかったでしょうか?

ムーブは、ここで紹介したもの以外にもまだあります。

 

得意なムーブを増やして、どんどん課題を攻略していきましょう。

頭で考えなくても自然にできるようになるまで、最初のうちは反復して練習することをおすすめします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします