今までは基本の姿勢や基本のムーブについてみてきました。

うまくできるようになりましたか?

 

今回は、初心者を脱出するための技を身につけましょう!

ボルダリング初心者の人で垂壁やスラブは登れるようになってきたけど、
傾斜だと簡単なものも登れないよーという人はこの技を身につければ登れるようになるはずです!!

 

それでは、ボルダリング上達のコツをみていきましょう。

手前に傾いている壁(傾斜壁)を登るためには

手前に傾いている壁、傾斜をうまく登るにはどうしたらいいでしょうか?

 

基本ムーブの正対を使って登ることもできますが、力任せに登らないといけないので女性や子供にはオススメできません。

そこで、この記事で身につけようとしている新しい基本ムーブを使うことにしましょう!

 

「側対」ムーブといいます。

「ダイアゴナル」や「振り」などと呼ばれることもあります。

 

これを覚えることができれば、傾斜も今までのように苦労しなくても登ることができるようになるはずです。

スポンサーリンク

ボルダリングの側対ムーブとは?

ダイアゴナルや振りと呼ばれることもある「側対ムーブ」についてみていきましょう。

 

この側対ムーブ、正対ムーブと合わせてボルダリングの基本の登り方なのです。

この二つのムーブ(動き)がボルダリングの基本です!!

側対は傾斜壁で不可欠と言っていいほど必須になる技なので、できるようになるまで練習しましょう。

 

正対と違って、側対は体を横に振ることにより、体重を足に逃がすことができます。

つまり、腕の負担を軽くすることができるのです。

上級者の人が簡単そうに登っているように見えるのは、腕の力ではなく足の力で登っているからなのです。

 

側対ムーブを使わなくても、正対ムーブで傾斜壁を登ることもできますが、どうしても腕の力が必要になってしまいます。

傾斜壁で同じルートを正対ムーブと側対ムーブで登ってみるとすぐに違いがわかるので一度試してみてください。

 

側対ムーブを覚える前に傾斜は登れないと思っていた人も、側対ムーブを覚えることにより簡単に登れるようになるはずです!!

側対ムーブが使える場面は?

さきほど傾斜壁で不可欠と書きましたが、傾斜壁ならいつでも使えるのかどうか気になりますよね。

次に手で取りに行くホールドと反対側に足のホールドがある場合に使うことができます!

 

右手で次のホールドを取りに行く場合、左手と右足でバランスを取ります。

左手で次のホールドを取りに行く場合は、右手と左足でバランスを取ることになります。

 

側対の場合は、三点支持ではなく「二点支持」です。

対角保持でバランスを取りましょう。

二点支持でバランスをとるには?

二点支持は片手と片足でバランスを取らなければいけません。

対角線上の手と足に力を効かせて、ホールドに乗っていない足でバランスを取ります。

対角線でバランスを取ることによって、軸が体の真ん中にきますよね。

軸が中心にくるので、体は振られにくくなりバランスが取りやすくなります。

これが、左手と左足、右手と右足のように軸が左や右にきてしまうと、体が回転して壁から剥がれ落ちてしまいます。

 

ボルダリングでも、「カウンターバランス」という言葉を使いますのでこの言葉を覚えちゃいましょう。

反対の手と足を使ってバランスを取る

そのままじゃん!って突っ込みはしなくて大丈夫です。

 

難しく説明してきましたが、カウンターバランスという言葉ひとつで二点支持の説明が終わってしまいましたね(笑)

側対ムーブの動きとコツ

ここまでの説明でバランスを取ることはできるようになったと思います。

ここからは、二点支持の状態からどのように次のホールドを取りに行くかが問題になりますね。

次に取りに行く手があるほうの体を壁側にします。

足と手を使って動きを作ってから最後に手を出してホールドを取りに行きます。

手と足を動かす順番は正対と同じで「 右足 ⇒ 右手 ⇒ 左足 ⇒左手 」のようになります。

 

腰を回転させながら距離を出して次のホールドを取りに行きましょう。

腰を動かさないと次のホールドに手が届かなくなってしまいますので、
手で取りに行くというよりは体全体を使って伸びるような感じで取りに行くイメージでやってみてください。

 

側対ムーブを覚えることにより、傾斜壁を簡単に登ることができるようになります。

正対ムーブと同じくボルダリングの基本となるムーブですので、何度も練習してできるようにしましょう。

まとめ

側対ムーブは、手前に傾いている傾斜壁で必要になります。

「ダイアゴナル」や「振り」と呼ばれることもあるので覚えておきましょう。

正対の時の三点支持ではなく、側対は二点支持でバランスを取ります。

ホールドに乗っていない足の動きがポイントです!

ボルダリングの基本となる動きは「正対」と「側対」のふたつなので、
ボルダリングが上達したい人はこのふたつを繰り返し練習しましょう。

「側対」ができるようになると、傾斜壁も簡単に登ることができるようになるのでボルダリング初心者を脱出することができますよ。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事