ボルダリングシューズ

ボルダリングの時に履く靴の選び方や種類が気になっている初心者にむけての記事になります。

 

ボルダリングシューズはどのようなものを選ぶといいのか、靴の種類にはどのようなものがあるのか気になりますよね。

今からシューズの選び方や種類について紹介していきます。

 

初めてボルダリングをする時はシューズを買わなくてもレンタルシューズがあるジムがほとんどなのでレンタルシューズをおススメします。

ボルダリングの時に履く靴は?

ボルダリングは、フリークライミングの一種です。

 

ボルダリングの時に履くシューズは、クライミング専用の靴『クライミングシューズ』になります。

 

クライミングシューズは、岩や人工壁を登るために作られています。

特殊なソールが使われていて、岩やホールドに吸い付くような摩擦(フリクション)を得ることができます。

 

登っている間に靴が脱げないように、足にフィットするように作られています。

普段履いている靴と比べるとかなり窮屈に感じるかもしれませんが、余裕のあるサイズではなく少しきついと感じるくらいの靴を選びましょう。

休憩時など登らない時は靴を脱いで登る時に履くようにすると少しはストレスがなくなりますよ!

 

さて、そんなクライミングシューズですが、色形様々なものが売られています。

クライミングシューズを選ぶとき、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

様々なタイプを見ながら紹介していきます。

着脱タイプの種類

クライミングシューズの着脱タイプには、『ベルクロタイプ』・『シューレース(紐)タイプ』・『スリップオンタイプ』の3種類があります。

それぞれの特徴についてもう少し詳しくみていきましょう。

ベルクロタイプ

マジックテープで止めるタイプで着脱がしやすく、フィット感があるため初心者にもおすすめです。

ベルクロタイプのシューズを履いている人が1番多いように感じます。

迷った方はベルクロタイプで!!!

シューレース(紐)タイプ

紐で締めるため、着脱に時間がかかりますがフィット感は抜群です。

紐で締めるため、他のタイプに比べて履く人にサイズが合いやすいと思われます。

クライミングシューズは、登らない時には脱いで着脱する回数が多くなるのでシューレースタイプだと面倒に感じるかもしれません。

スリップオンタイプ

ベルクロや紐が付いていないシューズで、着脱はしやすいが、伸びてくると脱げやすくなってしまいます。

着脱のことだけを考えると1番おススメできるタイプです。

足がフィットしない方は脱げやすいのでスリップオンが良いからとサイズが合わない靴を履くのはやめましょう。

スポンサーリンク

ソール型の種類

シューズの形は大きく分けると『フラットタイプ』・『ダウントゥタイプ』・『船底タイプ』があります。

初心者の方や最初の1足目は『フラットタイプ』のシューズがおススメです。

2足目以降にダウントゥタイプを買う方が多いように感じます。

フラットタイプ

靴底が平らな定番のタイプです。

どんな壁にも対応することができて、価格も低いものが多くあります。

足にも比較的なじみやすいため初心者におススメなシューズです。

1足目のシューズにどのような靴を買うか迷った方は、フラットタイプをオススメします。

ダウントゥタイプ

つま先が下向きに曲がっているシューズです。

極めて傾斜の強い壁で威力を発揮します。

小さいホールドでも引っかけることができてボルダリングがしやすくなります。

慣れるまで履き心地は良くないので、最初は我慢が必要かもしれません。

初めてのダウントゥシューズは、ソールが柔らかく足にやさしい物を選ぶといいでしょう。

船底タイプ

前傾斜で使うにはあまりおすすめできませんが、スメアリング(ホールドがついていない壁に足を押し付ける)がしやすい型となります。

つま先の形状

つま先の形状には『ストレートタイプ』・『ターンインタイプ』の2種類があります。

つま先の形状にも違いがあるので確認してみてくださいね。

ストレートタイプ

初心者にも使いやすいような、かかとからつま先まで真っすぐになっていてバランスのとれたつま先の形をしています。

ターンインタイプ

つま先が親指の方に集まる形状となっています。

そのためインサイドエッジ(つま先の親指側)が使いやすくなります。

そのかわりに、アウトサイドエッジ(小指側)が使いにくくなってしまいます。

サイズの選び方

クライミングシューズは、実寸より少し小さめのサイズを選ぶのが一般的です。

しかし、慣れないうちはすぐに足が痛くなってしまう場合があるため、シューズの中で足がずれない程度にピッタリのサイズを選ぶと良いでしょう。

初心者のうちから無理にきついシューズを履いてしまうとクライミングが楽しめなくなってしまうかもしれません。

靴の中で足が動いたり踵が浮かないサイズを選びましょう!

まとめ

ボルダリングのシューズについてみてきました。

ボルダリングの時に履くシューズのことは、『クライミングシューズ』といいます。

 

クライミングシューズの種類で確認する3つの項目は『着脱タイプ・ソール型の種類・つま先の形状』

 

着脱タイプには『ベルクロタイプ』・『シューレースタイプ』・『スリップオンタイプ』がある。

ソール型の種類は『フラットタイプ』・『ダウントゥタイプ』・『船底タイプ』がある。

つま先の形状は『ストレートタイプ』と『ターンインタイプ』

 

クライミングシューズのサイズの選び方は、実寸より少し小さめのサイズを選ぶのが一般的です。

ですが、はじめのうちは足がいたくなってクライミングが楽しめないといけませんので、シューズの中で足がずれないくらいのサイズを選ぶといいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事