ホールドってなに?

ボルダリングジムやクライミングジムで、人工壁についている石のような突起物のことを「ホールド」と呼びます。
ホールドにはたくさんの種類があり、持ち方などもそれぞれ違ってきますので今から紹介していきます。

ホールドの種類

ガバ

初心者向けのホールドです。
大きくて「ガバッ」と持てるのでこの名前がつきました。
1番持ちやすいホールドですが、指や指の付け根にマメができてしまうこともあります。
「ジャグ」と呼ばれることもあります。

カチ

カチホールドのことを略して「カチ」と呼びます。
エッジ状のホールドで「カチッ」と指を揃えて持つことからこの名前がつきました。
「クリンプ」と呼ばれることもあります。

スローパー

丸みを持っていて引っかかる場所がないので初心者には難しいホールドです。
手のひら全体の摩擦を利用してつかむことになります。

ポケット

ホールドがポケットの様に穴の空いているホールドです。
指を穴に引っかけて持つことになります。

インカット

ガバを小さくしたようなホールドのことです。
ガバのようにつかむことはできませんが、指がかかるので持ちやすいホールドです。
よく見かけるホールドのひとつです。

ピンチ

親指と他の4本の指で挟むように持つホールドです。
保持力が必要になることが多いです。

クラック

割れ目のあるホールドです。
ジャミングして持つことがよくあります。

アーチ

アーチ状になっているホールドです。
傾斜のある壁に多くあります。

クレーター

クレーターみたいに表面に凹凸があるホールド
持ち方は人それぞれですが安定感はあります。

ウェーブ

波のように見えるホールドです。

ジブス

とても小さいホールドで、単体では手で持つことができないため足場専用になります。
ボテやスローパーに付いていて巻き込んで持たせるために用いられることもある。

ハリボテ

クライミングジムでは、略して「ボテ」と呼ばれることが多い。
壁の形状を変化させるために使われることが多いです。
ボテの上にホールドを取り付けることもできるので、他のホールドと一緒に持たせることもあります。
課題の中に「ボテあり」、「ボテのみ」といった言葉が出てくることがありますので覚えておきましょう。
「ボテあり」とは、そのままの意味でボテを使っていいということです。
「ボテのみ」とは、ボテについているホールドではなく、ボテのみを使っていいということになります。
この違いは必ず覚えておきましょう。

 

ホールドの持ち方

カチ持ち

人差し指から小指4本をそろえて、指の第一関節を反らしてホールドを持つ持ち方です。
第二関節を曲げてホールドに押し付けるイメージになります。

パーミング

手のひらを広げて、手のひら全体で摩擦を使用して持つ持ち方です。
引っかかる場所がないホールドは、この持ち方で持つことが多いです。

オープンハンド

人差し指から小指を伸ばして、ぶら下がるようなイメージで持つ持ち方。
カチよりも力を必要としません。

ラップ

指を揃えてホールドをラップするようにして持つ持ち方です。

ピンチ

親指と他の指でつまむように挟み込んで持つ持ち方です。
つまむ力が必要になってきます。

サイドプル

親指を上にして横向きに手をかけて横に引っ張る持ち方です。
体を横向きに倒すことができてムーブの幅が広がります。

アンダークリング

下向きのホールドをつかむ持ち方
足を張って体を引き上げることで安定します。

ジャミング

ホールドに手を差し込んで中で手を握り込んで抜けないようにして持つ持ち方
ボルダリングジムではあまり使うことがありません。

マッチ

ホールドを両手げ持つことです。

ガストン

肘を上げて親指が下向きになるような持ち方です。
胸を開くように外側に力を入れることになります。

観音開き

両手の親指を下にして、内側から外側に向けて開くような持ち方です。

プッシュ

ホールドを下向きに押し出すように体を押し上げる持ち方です。

まとめ

人工壁についている石のような突起物のことを「ホールド」と呼び、種類や持ち方がたくさんある。
ホールドの種類や状況によって持ち方が変わります。
持ち方を意識して練習してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事