2020年クライミングシューズ

2020年の最新クライミングシューズを紹介していきます。

 

  • TENAYA
  • SCARPA
  • LA SPORTIVA

 

こちらの3つのブランドのクライミングシューズを全8種類紹介していきます。

新しいクライミングシューズが気になっている方や新作が出るたびに履き替えている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

2020年注目クライミングシューズ

こちらの記事では、最新の注目クライミングシューズについて紹介していきます。

 

発売時期はそれぞれのシューズによって異なりますので、発売日に関しては別でチェックしてみてください。

 

それでは、まずはTENAYAのクライミングシューズから紹介していきます。

TENAYA(テナヤ)のMastia(マスティア)

2020年度TENAYAの新作Mastia(マスティア)

 

ジム向きな柔らかめのクライミングシューズになります。

ヒールも柔らかく、小さなジブスから大きめなボテまでしっかりと踏んでくれます。

 

ベルクロタイプですが、OASI(オアシ)とは違い太めのベルクロとなったためベルクロの強度もアップしています。

ストレッチ性が高いのでサイズ感には注意が必要です。

ハーフサイズ下のものがおすすめです。

スポンサーリンク

TENAYA(テナヤ)のIndalo(インダロ)

2020年度TENAYAの新作Indalo(インダロ)

 

全体的に先程説明したマスティアに似ていますが、こちらはマスティアよりもソールが柔らかく全体的にも柔らかいです。

大きな違いはストレッチ性です。

TENAYA(テナヤ)のMerus(メラス)

2020年度TENAYAの新作Merus(メラス)

 

オールラウンドハイエンドモデルのレースアップシューズです。

 

こちらはフラットモデルでソールは比較的硬めです。

見た目はターンインしているようにみえますが、実際に履いてみるとそこまでターンインしていないため履きやすいシューズでもあります。

SCARPA(スカルパ)のVapour Lace(バイパー レース)

2020年度SCARPAの新作Vapour Lace(バイパー レース)

 

ターンインはほとんどなく固めのシューズになります。

トゥは少し横まで伸びています。

つま先は硬いですがトゥフックをかける部分は柔らかく伸縮性が高いです。

SCARPA(スカルパ)のVeloce(ヴェローチェ)

2020年度SCARPAの新作Veloce(ヴェローチェ)

 

こちらはジム向け・初心者向けのシューズになります。

このシューズは快適性が高いエントリーシューズとなります。

それでいて機能性もしっかりとしているので初心者にもオススメです。

 

ダウントゥではありますがトゥラバーが柔らかく、シューズの中で指が伸びやすいです。

そのため足が痛くなりにくいシューズとなります。

スポンサーリンク

LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ)のTheory(セオリー)

2020年度LA SPORTIVAの新作Theory(セオリー)

 

今回は今までとは違いトップアスリートが使用することをイメージして作られたハイエンドモデルです。

全体的に柔らかくしっかりとした足裏感覚がわかります。

 

見た目はダウントゥですが、少しダウントゥとは質が異なる様です。

ホールドを蹴るときにバネが入ってるかのように反り返ったシューズがジャンプするような感じで押し返してくれます。

ランジや飛びつくようなムーブのときに非常にサポートしてくれるシューズになります。

LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ)のSolution Comp(ソリューションコンペ)

2020年度LA SPORTIVAの新作Solution Comp(ソリューションコンペ)

 

ソリューションの最新作になります。

今回は名前の通りコンペティション向けに開発されたシューズとなっています。

ヒールが今までよりも柔らかくなり、そのせいか履き心地も今までとはずいぶん異なるようです。

LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ)のCobra 4:99(コブラ 4:99)

2020年度LA SPORTIVAの新作Cobra 4:99(コブラ 4:99)

 

スピードクライミング専用シューズとして作られたクライミングシューズ!!

 

余計なものを削ぎ落して軽量化をはかり少しでも早く登れるようにしています。

ネーミングも5秒をきれるようにつけたようです。

まとめ

2020年の最新クライミングシューズを紹介してきました。

 

  • TENAYA
  • SCARPA
  • LA SPORTIVA

これらの3ブランドから合計8種類を簡単に紹介しました。

気になったシューズはありましたか?

 

オリンピック競技になったためか、外岩を登るためのクライミングシューズというよりもジムやコンペで活躍しそうなシューズが目立ちますね。

これからは、スポーツクライミングとしてのボルダリングを意識したギアが発売されていくことになるのでしょうか・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事