クライミングシューズのソール

クライミングシューズにはさまざまなソールがあります。

 

シューズを購入する時に気にする方、気にしない方とさまざまかと思いますが、実際に履き比べてみるとソールの違いを感じられると思います。

最初のうちはそこまで気にすることではないかもしれませんが、外岩用とジム用とシューズをわけていたり、ジム専用でも課題によってシューズを変えている方はソールまで気にしているのではないでしょうか・・・

 

花崗岩は硬めのソールを履いて、ジムや石灰岩では柔らかいソールを履くよって方や外岩もジムも柔らかめがいい、硬めがいいなどクライミングスタイルや体重などによっても変わってきますよね。

自分にあったシューズ選びには何足か履いてみるしかないかもしれませんが、いいシューズに出会えるといいですね。

 

それでは、簡単にソールの種類や特徴を紹介していきます。

硬めのソール

硬めのソールは、小さなホールドにも立ちやすいです。

 

外岩で結晶に足をのせる時やジムで小さなホールドに足をのせる時、スラブや垂壁の場合は硬いソールの方が踏み込めるのです。

ゴムが硬いので体重が軽いと強傾斜など、体重がかけられない壁では不利かもしれません。

 

柔らかいソールに比べて硬いソールは足裏感覚がなくなってしまいます。

柔らかめのソール

柔らかめのソールはゴムが変形しやすいので、丸みがあるホールドやつるつるの面でも大きな摩擦が得られます。

小さなホールドには立ちにくいです。

 

ゴムが変形しやすいため、体重があるとスラブや垂壁で足がはずれやすくなります。

逆に強傾斜などの体重がかけられない場所でもうまく摩擦を作り出すことができます。

スポンサーリンク

ソールの種類

クライミングシューズのソールは、『ステルスソール』と『ビブラムソール』が比べられることが多いです。

 

ステルスソールとビブラムソール以外にも、イボルブやマッドロック、ソイルなどで違うソールが使われているものがあります。

STEALTH(ステルス)ソール

FIVE TEN(ファイブテン)のソールには全てステルスソールが使われています。

ステルスソールは、ファイブテン社が開発したソールのブランドなのです。

 

ステルスソールの中にも種類があり、『Stealth Mi6』『Stealth Hf』『Stealth C4』などがあります。

Stealth Mi6(ステルス エムアイシックス)

フリクションがかなり良いと言われています。

ガラスや金属を登る時にもフリクションを発揮します。

かなり柔らかく他の柔らかめのシューズと比べても柔らかいです。

Stealth Hf(ステルス ハイフリクション)

ラバーテストでは、ステルスC4と比べると4倍もの摩擦力があったようです。

かぶっている壁でも小さなホールドや結晶などでフリクションを発揮すること間違いないですね。

Stealth C4(ステルス シーフォー)

フリクションと剛性ともにバランスのとれたソールです。

ハイアングルなどの多くのファイブテンシューズに使われています。

ビブラムソール

イタリアのビブラム社のゴムでクライミングシューズだけではなく登山靴などにも使われています。

 

クライミングシューズに使われているビブラムソールには、『エックスグリップ』『エックスグリップツー』『エックスエッジ』があります。

XS GRIP(エックスブリップ)

柔らかいゴムでフリクションが高いと言われています。

新しくエックスグリップツーが登場したので見かけないかもしれません。

XS GRIP 2(エックスブリップツー)

こちらもやや柔らかめなので、足裏感覚に優れていてフリクション重視の場面で効果を発揮します。

エックスブリップよりも耐久性やエッジングが向上しています。

オールラウンドに使えるタイプのソールですが、外岩よりはジムに向いています。

XS EDGE(エックスエッジ)

エックスグリップよりも硬めのゴムになります。

体重がかかる場面でもソールが負けることはないので、垂壁やスラブ、小さなホールドなどで効果を発揮します。

ジムよりは外岩に向いているソールになります。

まとめ

クライミングシューズのソールについてみてきました。

 

ソールの硬さや柔らかさで何が変わるのか、ソールにはどんな種類のものがあるのか紹介しました。

『ステルスソール』と『ビブラムソール』が代表的なものになります。

『Stealth C4』や『XS GRIP 2』のソールのシューズをよく見かけると思います。

 

ソールの特徴も意識しながら自分にあったクライミングシューズを見つけてみましょう。

 

こんな記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事