こんにちは、新しく愛知県名古屋の港区にクライミング・ボルダリングジムをオープン予定の「カラフルロック」です。

 

ボルダリングを楽しむためにもグレード(難易度表)とは何かを覚えていきましょう。
それでは、ボルダリングのグレードについてみていきましょう。

グレードってなに?

グレードとは、ボルダリングの課題の難易度をレベル分けしてわかりやすくしたものです。
今、どのレベルの課題を登っているのか、どのレベルの課題を登りたいのかがわかるようになります。

自分のレベル、課題の難易度がわかることによって、ただ登るだけではなくゲーム感覚で登ることができて楽しいですよね。
課題をクリアしてレベルが上がることによる、充実感や達成感にもつながりますよね。
モチベーションを維持することにも役に立つと思いますので、グレードを意識しながらボルダリングをしてみましょう。

 

クライミングジムやボルダリングジムによってグレード表の見方が違っていたり、グレードの難易度にバラつきがあったりします。
わからない人は、クライミングジムやボルダリングジムのスタッフに聞きましょう。

グレード表を見てるけど、級とか段がないよ

そうなんです。
ボルダリングのグレードですが、国により使われている表記が違ってきます。

有名なものは段級グレード、Vグレード、フレンチグレードがあります。
海外では、Vグレードやフレンチグレードが多いようです。
国によっては他にもあるようですが、ここでは省略したいと思います。

段級グレード

段級グレードは、主に日本で使われているグレードになります。

10級、9級、8級・・・・1級、初段、二段、三段・・・
日本人の人には馴染みがありわかりやすいですよね。
これなら覚えなくても感覚的にわかりますね。
日本のボルダリングジムでは、段級グレードのみ記載されているところばかりですのでグレード表の見方に困ることはほとんどないと思います。
ですが・・・・

Vグレード

Vグレードは、アメリカで生まれのグレードです。
アメリカやカナダなどで使われているようです。

V0-、V0、V0+、V1、V2.V3・・・・V6、V7、V8・・・
段級グレードで書いたようなイメージで書いてみたのですが、すぐにどのレベルか想像しにくいですね。

フレンチグレード

フレンチグレードは、フランス生まれのグレードです。
ヨーロッパでは、こちらのグレードが主に使われています。

3+、4、4+、5、5+、6a、6a+、6b、6b+、6c、6C+、7a、7a+、7b、7b+、7c・・・・
ここまで来ると覚えないと無理なやつですね(笑)

こちらのグレードかVグレードは、カラフルロックでは必要になってくるかもしれません。
なぜなら、ムーンボード(MOONBOARD)が設置される予定だからです。
ムーンボード(MOONBOARD)については、別で詳しく紹介しますが、フレンチグレード(Vグレード)での表記になります。
自分のレベル、目標にするレベルの表記だけでも覚えておきましょう。

カラフルロックのムーンボードはフレンチグレードに設定しました。

スポンサーリンク

比べてみましょう

グレード表の画像を見ていただければわかると思いますが、Vグレードやフレンチグレードは段級グレードよりも細かく設定されています。

一緒にみていきましょう
日本では4級ですが、Vグレードでは「V2、V3」、フレンチグレードでは「5+、6a」となっています。
そして3級ですと、Vグレードは「V3、V4」、フレンチグレードでは「6a+、6b+」となります。

ムーンボード(MOONBOARD)は、6a(V3)くらいの課題からありますので、日本ですと4級程度ですね。

中級者以上から触ることができるようになってきます。

カラフルロックで、世界基準の課題も力試しに登ってみましょう。

 

ムーンボードのルールや使い方!MoonBoardを登って強くなろう

ボルダリングのグレード目安

だいたいの目安として参考程度にしてください。

10級:最初にやってみよう

とれも簡単です。足自由の課題でホールドも持ちやすいものですので1回目でクリアできると思います。

9級:最初にやってみよう

こちらも10級と変わりはないです。
10級も9級もジムに存在しないことが多いです。

8級:ボルダリングはじめました!

入門の課題です。
ここから始める人が多いのではないでしょうか。

7級:足も決まってるの?

足限定の課題があらわれます!
足の位置も決まってるので、人によっては難しいかもしれません。
人によっては、自分で足の置き場を考えなくていいから簡単?

6級:あれ?登れない!

力だけでは登れなくなってきます。
ボルダリングの基本ムーブを覚えて、練習したほうがよさそうです。

5級:ボルダリングのテクニックが必要

基本ムーブが必要になってきます。
初日で登れる人は、ほんの一部です。
何度かジムで練習すれば登れるようになるレベルです。

4級:ボルダリング中級編

初日で登れる人はいないのではないでしょうか。
数か月ボルダリングを続けて登れるレベルになってきます。

3級:いっきに難しくなります

ボルダリングを趣味にしていたり、継続して練習しないといけないレベルです。
ボルダリングジムでも登れる人は限られてきます。

2級:ボルダリング上級者

真剣にボルダリングをしていないと無理なレベルになってきます。
ジムで周りの人に参考にされるようになっています。

1級:完全に上級者

 
このレベルの課題ができる人はジムや時間帯にもよりますが、何人もいたらすごいレベルです。

グレードについてまとめ

  • グレードとは、ボルダリングの課題の難易度をあらわす指標
  • 国により使われているボルダリングのグレードは違う
  • 段級グレード、Vグレード、フレンチグレードなどがある
  • ムーンボード(MOONBOARD)はフレンチグレードやVグレードが基本

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事