こんにちは、名古屋のクライミング・ボルダリングジム『カラフルロック』です。
今回は、クライミングに必要な道具についてみていきたいと思います。

フリークライミングとボルダリングの違いとスポーツクライミング

上の記事の中でボルダリングの持ち物について少しふれましたが、ボルダリングとルートクライミングで必要なものが違いますので紹介していきます。

 

クライミングに必要な道具はいくつかありますが、多くはないのですぐに覚えることができると思います。
もう一度、ボルダリングで必要な道具も含めてみていきたいと思います。

おしゃれな服装でクライミング!?

決められたウエアはありません。

何を着ても問題ありませんが、体を動かすスポーツですので動きやすい服装にしましょう。

おしゃれ(服)が好きな人は、アスレジャースタイルでジムに向かってそのままボルダリングってのもいいかもしれませんね。

アウトドアブランドを取り入れてうまく着こなすのもおしゃれですよね。

ストリート系やカジュアル系の服装でおしゃれしたい人も動きやすければ問題ありませんが膝や股関節を大きく動かすことが多いので、パンツは収縮性のあるものにしましょう。

女性で露出が気になる方は短パンやハーフパンツでも、スポーツインナーやレギンスを着用すれば露出をおさえることもできますよ。

がっつり登りたい人はクライミングパンツやハーフパンツなどの動きやすい服装がおすすめです。

うまくなってくると動きやすさを求めるようになってきますよね。

動きやすさや機能性を追求したスタイル、おしゃれを追求したスタイルと人それぞれでいいと思います。

ですが、滑り止めに使うチョークで服が汚れることがありますので、着替えを持っていくか汚れても大丈夫な服装で行くことをオススメします。

シューズも好きな靴でいいの?

『ダメです!!!』

クライミングシューズを履いてくださいね。

クライミングシューズがない場合は、ジムでレンタルすることができますのでレンタルしましょう。

登りやすさも全然違います!

レンタルする場合は靴下をお忘れなく。

クライミングシューズを購入する時は、自分の足型に合うものを選びましょうね。

いろいろな種類のシューズがありますのでレベルにあったものを選ぶといいです。

なんとなく見ただけでも、シューレース・ベルクロ・スリッポンがあることに気付くと思います。

シューレースタイプ

紐を締めて足を固定するタイプですので、締め具合が調整できてフィット感は抜群です。

脱いだり履いたりすることが簡単にできないので、めんどくさがりな人や初心者には向いていないかもしれません。

登る時以外は靴を履き替えたり、脱いでいる人が多いので脱ぎ履きする回数のことを考えるかフィット感をとるか難しいですね。

ベルクロタイプ

ベルトで締め具合を調整するタイプになります。

脱ぎ履きが楽です。

締め具合も紐のタイプほどではありませんが調整できますのでおすすめです。

迷ったらこのタイプでいいと思います。

スリッパタイプ

スリッポンのように靴紐がなく足を滑り込ませるだけで履けるタイプです。

脱ぎ履きは簡単にできますが、締め具合を調整することができないので足がうまく固定されないかもしれません。

足に合わない場合はやめておきましょう。

クライミングシューズ、その他の違い

シューズのつま先が下がったダウントゥのものとフラットなものがあります。

ダウントゥは上級者モデルに多くみられます。

つま先を効果的に使うことができ、強傾斜でホールドをとらえやすいです。

フラットのものは初心者の人でもホールドに足が乗せやすいと思います。

初心者モデルやレンタルシューズに多いタイプです。

チョークとチョークバッグ

ここまで、ウエアとシューズを見てきました。

これだけでボルダリングをすることは可能ですが、ここに「チョーク」と「チョークバッグ」が必要になってきます。

初心者の人はなくても大丈夫かもしれませんが、手に汗をかくとグリップ力が落ちてしまいます。
そこで、チョークが必要になってきます。

チョークは手にかいた汗を吸収することが目的で、チョーク自体にすべり止めの効果はありません。

液体状のものもありますが、一般的には粉状のものをチョークバッグに入れて使用します。

チョークバッグもいろいろなものが出ていますので好みで選びましょう。

ブラシやスマートフォンを入れることができるものや、おしゃれなデザインのものまでいろいろありますので目的や気分で変えるのもいいですね。

ルートクライミングに必要な道具

リードクライミングやトップロープクライミングで必要になってくるものが「ハーネス」と「ロープ」です。

ルートクライミングでは、ボルダリングと違いロープを使用します。

腰につけたハーネスにロープを結んで安全を確保します。

ビレイヤーも「ハーネス」が必要になります。

ビレイグローブ」というロープをつかむためのビレイヤー用のアイテムも必要になってきます。
ハーネスやロープはクライミングジムでレンタル可能です。

ボルダリングだけではなく、ルートクライミングに興味のある人は覚えておきましょう。

まとめ

  • クライミングに必要な道具は、主に「クライミングシューズ」「チョーク」「ハーネス」「ロープ」
  • 動きやすい服装だったら、おしゃれを楽しむこともできる。
  • クライミングシューズは、自分の足にあったものを選びましょう
  • チョークバッグでもおしゃれを楽しめます。
  • ルートクライミングをする時はボルダリングの道具以外に必要な道具がある。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事