クライミングってなに?

「クライミング」、「ボルダリング」、「スポーツクライミング」さまざまな言葉を聞くようになりました。
まずは、クライミングについてみていきましょう。

 

クライミングとは「登ること」ですが、登ることといってもさまざまなクライミングがありますので、ここでは「ロッククライミング」に限定して説明していきます。

ロッククライミングと言いましても、道具を使わないでクライマーの体のみで登る「フリークライミング」と道具を使う「エイドクライミング」に分けられます。
※ここでの道具に、クライミングシューズやチョーク、安全確保のためのロープは含めません。

「エイドクライミング」についての説明は無しで、ここからは「フリークライミング」についてみていきましょう。

フリークライミングとボルダリング

「フリークライミング」と「ボルダリング」の違いについてみていきましょう。
いきなりですが、下の図を見てください。

 

このように、ボルダリングとは安全確保のためのロープを使わないフリークライミングになります。
ボルダリングについては下の記事を見てください。

 

次は、安全確保のためにロープを使う「ルートクライミング」についてみていきましょう。

ルートクライミング

ルートクライミングとは、安全確保のためにロープを使うフリークライミングです。

 

ボルダリングの壁(4~5mくらい)よりも高い壁に登ることになり、安全を確保するためにロープを使います。
ロープをつかんで登るというわけではなく、あくまで安全確保のためのロープです。

この、ロープの使い方の違いで「トップロープクライミング」と「リードクライミング」にわかれます。

リードクライミング

リードクライミングとは、クライマーが課題の途中にある支点(カラビナ)にロープをかけながら(クリップ)登る「ルートクライミング(フリークライミング)」です。

 

ビレイヤーは、クライマーに合わせてロープの出し入れをすることになり経験が必要になってきます。
トップロープと異なり、落下距離が長くなることもありますので高度な技術や経験、判断力が求められます。

 

リードクライミングもオリンピック競技の種目のひとつです。
競技の場合は、高さ12m以上の壁を60手くらいのコースをどこまで登ることができるのかを競う競技です。

ボルダリングの壁の3倍以上ありますので見ているほうもドキドキします!

トップロープクライミング

トップロープクライミングとは、ゴール付近の支点にかけてある安全確保のためのロープを使って登る「ルートクライミング(フリークライミング)」です。

 

クライマーはロープをかけながら登る必要がなく、クライマーが登る際に安全確保をする人(ビレイヤー)もロープにたるみがない状態を保つだけなので、比較的初級者の方でも楽しむことができます。

ビレイヤーが必要ないオートビレイという安全装置を使うこともあります。

 

オートビレイという安全装置は、スピードを競い合う「スピードクライミング」でも使われています。
スピードクライミングという言葉が出てきましたので、スピートクライミングについても見ていくとしましょう。

スピードクライミング

スピードクライミングとは、2020年の東京五輪から新種目として追加された種目です。

 

高さ10メートルから15メートルの壁に、あらかじめホールドの種類や位置、角度がわかっているコースがあり、どれだけ早く登ることができるかを競う種目です。

選手は、オートビレイ機という安全装置から吊り下げられたロープをハーネスを介して体につけて登ります。
オートビレイ機は、選手のスピードに合わせて自動でロープを巻き取り、選手が落ちて力が加わると制動して選手を下降させることができます。

選手が登りやすくするためのものではなく、あくまで安全確保のための装置です。

スポーツクライミング

スポーツクライミングとは、ホールド(突起物)のついた人工壁を登るスポーツです。
ここでは、競技としてのスポーツクライミングをみていきます。

 

IFSC(国際スポーツクライミング連盟)で、公式に認定されている協議会で行われている種目は3つで「リード」、「ボルダリング」、「スピード」となっています。
リードは、どこまで登れたかを競う種目で、ボルダリングはいくつの課題を登れたかを競う種目、スピードはどれだけ早く登れるかを競う種目です。

オリンピック競技

東京2020大会からオリンピックの正式種目にもなります。
オリンピックで実施される種目は下の3つです。

  1. 高さ15メートル以上の壁を6分の制限時間内にどこまで登れるかを競う「リード」
  2. 高さ4メートル程度の壁に設定されたコースを4分間にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」
  3. 95度に前傾した15メートルの高さの壁を登り速さを競う「スピード」

東京2020大会は、3種目の合計で競うため総合力が必要になります。

おさらい

  • フリークライミングの中にボルダリング、ルートクライミングがある。
  • ルートクライミングがさらにリードクライミング、トップロープクライミングに分けられる。
  • スピードを競うトップロープクライミングをスピードクライミングという。
  • オリンピック競技は、「リード」「ボルダリング」「スピード」の3種目

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事