クリスマスや年末年始のお知らせもしていきたいのですが、まずは浅草クライミングの試し履き会が決定したので日程を告知したいと思います。

※無事に終了しました。試し履きをしていただい方、気に入って購入していただいた方、ありがとうございました。

 

それではクライミングシューズの試し履き会、浅草クライミングについてみていきましょう。

浅草クライミング(浅草登攀)の試し履き会開催決定

愛知県名古屋市港区にある、クライミング・ボルダリングジム「カラフルロック」にて浅草クライミングの試し履き会が行われることになりました。

 

気になる日程ですが、

12/27(木)~1/6(日)

年末年始の間、浅草クライミングのクライミングシューズをお試ししていただけます。

ということは、カラフルロックは年末年始休まず営業します!!!

 

年末年始もボルダリングして楽しみながら運動しましょう。

詳しい営業時間は後日お知らせします。

クライミングシューズの試し履き会について

愛知県名古屋市港区の「カラフルロック」では、12/29~1/6までの間、浅草クライミングのクライミングシューズ3モデルをご自由にお試しいただけます。

 

もちろんカラフルロックをご利用の方は「無料」で試着できます!
そして、シューズを履いて壁を登っていただくこともできるんです。
浅草クライミングのシューズでボルダリングをしてみましょう。

 

実際に履いてみてから決めたいという方におすすめのイベントです。

・クライミングシューズを買おうとしている方
・浅草クライミングのクライミングシューズを一度履いてみたいと思っていた方
・いろいろなクライミングシューズを履き比べてみたかった方
・レンタルシューズを卒業しようとしている方
・とりあえず履くだけ履いてみたい方

 

気に入っていただけたらその場で注文可能です。

気になる方や金額など詳しく知りたい方はお問い合わせお待ちしております。

 

ここからは、浅草クライミングについてみていきましょう。

浅草クライミングについて

クライミングシューズは常にクライミングを楽しむ人たちの声に応えるように機能と品質を追いかけ進化・発展しています。
一方、私たちが20年以上携わったレディスシューズは、常に世界のトレンドを追いかけてきました。
同じシューズでありながら開発の考え方が180度異なります。

当社はクライミングが生活の一部になっている人たちへ、より快適に楽しく、かっこよく過ごせるクライミンググッズを開発し進化させて行きます。
そして、当社の強みはレディスシューズの開発経験とクライマーの要望を融合できることです。
これまでにない、和を感じるクライミングシューズをお楽しみください。

日本から世界へ提案するクライミングシューズ

日本人と欧米人では、足の甲の高さ・幅・かかとの大きさ・くるぶしの位置などが異なります。

多くのクライミングシューズは日本人には合わない足型で作られ、多くのクライマーは足に合わないシューズを無理して履いているのが現状です。

当社はこれまでは自分の足型に合ったシューズが無かった世界中のクライマーへ、新たな体験を提案します。

日本人の足のかたち

あなたは、エジプト型?ギリシャ型?それともスクエア型?人間の足を足趾(そくし)の長さで分類すると、エジプト型、ギリシャ型、スクエア型の3種類に分類されます。

エジプト型は、母趾(ぼし)が一番長いタイプ。

ギリシャ型は、第2趾が一番長いタイプ。

スクエア型は母趾と第2趾の長さが同じくらいのタイプです。

 

日本人の場合、エジプト型が約70~80%、ギリシャ型が約10~25%、残りがスクエア型と考えられています。

ちなみに、エジプト、ギリシャという名前は、 古代ギリシャやエジプトの彫刻の足のかたちからつけられたそうです。

日本人の骨格に合わせた構造

日本人の多くは欧米人と比べて、甲高・幅広という事をご存知の方は多いと思います。
それ以外にもかかとの大きさ、くるぶしの高さなどの違いがあります。

当社のシューズは木型から日本人向けに製造していますので、欧米ブランドと比較して、甲を高く、幅を広く、かかとを小さくしていますので、履き心地は格段に違います。

文化的背景を考慮したデザイン

和柄/自然にある色合い/草履、草鞋、足袋などの履物文化・包む文化等を、とりいれて商品開発を進めます。

また、商品の名前は「三種の神器」からとっています。

「KAGAMI」「MAGATAMA」「TSURUGI」とし、クライミングシューズの三種の神器という思いを込めています。これからも、日本を代表する文化的なものから命名していきます。

制作する上で特にこだわった
ポイント

一番こだわったのは、工場の選択です。

これまでの靴作りの経験から、世界レベルのクライミングシューズを作ろうとすれば、世界レベルの工場でなければ作れないという結論を出しました。
そこで、日本で生産するという選択肢はなくなりました。
しかし、簡単には工場も生産を受けるとは言ってくれませんでした。
ここで役立ったのがこれまでの靴業界での人脈でした。
交渉を繰り返しこちらの熱意を伝えてやっとサンプルを作ってくれることになりました。
そこからは以下のような内容にこだわって、シューズ作りが開始できました。

 

1、初心者用はワイズを重視して、足に合った木型、素材 を採用すること。
2、中・上級者用はすでに履いているクライミングシューズに足が慣れているので、機能を向上させる木型とオリジナルソールを使用。

 

この2点にこだわって、さらに修正を加えて出来上がったのが、今回の3モデルです。

 

それでは、気になる3モデルについてみていきましょう。

鏡(KAGAMI)

エキスパートからエントリーまでご利用いただけます。
日本人向けの木型でストレスなく履けて、クライミングが楽しくなり、モチベーションを上げる”フラットシューズNo.1”を目指したシューズです。

 

●エントリーからエキスパートまで満足させるフラットシューズ

日本人向けの木型で、最初の1足としてもストレスなく履けて、クライミングが楽しくなり、モチベーションを上げるシューズです。
また、スラブや岩場でも力を発揮する「フラットシューズNo.1」を目指したフラットの万能選手!
ソールは全モデル共通の「マサツソール」4mmを使用

 

●かかとは小さく
日本人のかかとは欧米人に比べて“小さく”て、くるぶしが低いのが特徴。
かかとをしっかり包み込みます。

 

●唐草模様の裏地
メッシュ素材の裏地は、オリジナルの唐草模様。
アッパー素材の軽さを活かした作りで、裏地により耐久性を強化しています。

 

●サイズ目安
・始めてクライミングシューズを買われる方は
”足の実寸+1cm”のサイズのシューズをお勧めいたします。(※浅草クライミングの場合)
・2足目以降の方 
スニーカーサイズを目安にしていただき、幅が広めと思われている方は、0.5cm上のサイズを目安にお選びください。

 

KAGAMI(カガミ) 25.5~26cmの購入例

・通常靴サイズ25.5-26cm
・ファイブテン 7.5-8
・イボルブ 7.5-8
・スポルティバ 39.5-40
・スカルパ 39-39.5
・ミレー 41.1/3-42
・ボリエール 6.5-7.5

※ソールの実寸は、シューズのサイズから約マイナス1cmの長さとなります。

勾玉(MAGATAMA)


鏡(カガミ)を履いているクライマーが次に求める性能は高いエッジングと足裏感覚の向上。
完全オリジナルの木型により、多くのクライマーにフィットするスリッパ、勾玉(マガタマ)はそこを目指しました。

 

日本人の足型に合った、高いエッジングと足裏感覚を実現する1足

●セカンドモデル
セカンドモデルに求める性能は高いエッジングと足裏感覚の向上。
完全オリジナルの木型により、多くのクライマーにフィットするスリッパ、MAGATAMAはそこを目指しました。
ソールは全モデル共通の「まさつソール」4mmを使用

 

●かかとは小さく
日本人のかかとは欧米人に比べて“小さく”て、くるぶしが低いのが特徴。
かかとをしっかり包み込みます。

 

●フィット感の向上
アッパー素材に厚みのある、シンセティックを活用することで、裏地を貼ることなく強度を維持しました。
裏地が無いことにより、フィット感の良い履き心地を実現しています。

 

●サイズ目安
実寸サイズまたはスニーカーサイズを目安にしていただき+0.5cmまたは+1.0cmのサイズを目安にお選びください。

 

MAGATAMA(マガタマ) 26cmの購入例

・通常靴サイズ25.5-26cm
・ファイブテン 7.5-8
・イボルブ 7.5-8
・スポルティバ 39.5-40
・スカルパ 39-39.5
・ミレー 41.1/3-42
・ボリエール 6.5-7.5

※ソールの実寸は、シューズのサイズから約マイナス1cmの長さとなります。

劔(TSURUGI)


全体的な設定をソフトにチューニング。
それにより前傾壁の深い足の掻き込みやスメアリング、トーボックス形状とアッパーラバーの配置によってえられる絶妙なトーフック性能。
日本人に合わせたヒールでクライミングパフォーマンスをサポートします。

 

日本人の足型に合った、ソフトチューニングの上位モデル

●サードモデル
前傾壁の深い足の掻き込みやスメアリング、トゥーボックス形状とアッパーラバーの配置によってえられる絶妙なトゥーフック性能を実現
ソールは全モデル共通の「摩擦ソール」4mmを使用

 

●かかとは小さく
日本人に合わせたヒールでクライミングパフォーマンスをサポートします。

 

●フィット感の向上
アッパー素材に厚みのある、シンセティックを活用することで、裏地を貼ることなく強度を維持しました。
裏地が無いことにより、フィット感の良い履き心地を実現しています。

 

●サイズ目安
実寸サイズまたはスニーカーサイズを目安にしていただき、幅が広めと思われている方は、0.5cm上のサイズを目安にお選びください。

 

TSURUGI(ツルギ) 25.5cmの購入例

・通常靴サイズ25.5-26cm
・ファイブテン 7.5-8
・イボルブ 7.5-8
・スポルティバ 39.5-40
・スカルパ 39-39.5
・ミレー 41.1/3-42
・ボリエール 6.5-7.5

※ソールの実寸は、シューズのサイズから約マイナス1cmの長さとなります。

まとめ

  • 12/27(木)~1/6(日)の間、愛知県名古屋市港区のカラフルッロックで浅草クライミングのお試し履き会開催
  • カラフルロックは年末年始も休まず営業
  • 浅草クライミングのクライミングシューズを履いてボルダリングができる
  • クライミングシューズは3種類
  • 気に入ったら購入可能
  • 浅草クライミングのホームページはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事